生理に合わせたスキンケア

肌にはターンオーバーと呼ばれる現象があって、常に肌の状態は変化しているといえますが、女性の場合はそれが特に顕著だといえるでしょう。

なぜならば女性には生理があるからであって、生理の時のスキンケアについて皆さんはどのような情報をお持ちでしょうか。

スキンケアは一度方法が固まったら、毎日同じような方法を利用しているかと思いますが、もしかするとそんなスキンケアは間違っているかもしれません。

女性の肌が変化に富んでいるならば、それに合わせたスキンケアをしていく必要があるのも当然のことで、今回は生理の時のスキンケアについて考えてみます。

スキンケアをしていると、肌の調子が良い時と悪い時というのが良くわかりますが、それは生理周期に密接に関係していて、その周期に合わせるようにスキンケアをしてあげるのです。

卵胞期には、女性らしいカラダを作るための女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が一番活発になる時期でもあるので、角質ケアなどをするならばこの時期が一番となります。

肌の状態が良い状態であることが多いので、肌の多少の刺激を伴う角質ケアであってもトラブルに繋がりにくいのです。

そして、卵胞期を終えるとエストロゲンの分泌も落ち着いてきて、どんどん減少傾向にあるので、このタイミングは肌が乾きやすいタイミングなので、しっかりと保湿ケアをしてやります。

このようにして生理周期によってのスキンケアを身につけることで、より入念なケアが可能になるでしょう。