自分の肌を熟知

スキンケアを志すならば自分の肌を熟知するのも大切です。

肌には脂性肌、普通肌、乾燥肌、混合肌などといったタイプがあって、それぞれのタイプによってスキンケアの方法も異なってくるのです。

肌タイプごとのスキンケア方法について把握しておくことで、自分がどんなスキンケアをしていけばよいのかがわかるでしょう。

まず、肌タイプを見極める方法ですが、洗顔後がチャンスで、洗顔後に化粧水などでケアするのを保留にして放置します。

そして、どのくらいの時間でつっぱり感がなくなるかによって自分の肌のタイプがわかるというわけです。

脂性肌の場合は、20分以内にはつっぱりがなくなって、普通肌の場合は30分程度を要します。

次に乾燥肌の場合は40分以上の時間が必要となっていて、混合肌の場合は部位によってつっぱりがなくなる時間が異なってきます。

また、敏感肌の人についてはこの方法では自分の肌タイプを知ることができないのでその他の方法で調べるとよいでしょう。

肌タイプがわかれば、自分がどんな化粧品を選べば良いのかが明確になってくるので、それだけ有効なスキンケアをできる可能性が高まってきます。

上で紹介した簡単にできる肌のタイプ診断は洗顔後であれば誰もがすぐに実践できる方法になりますので、さっそく自分の肌タイプを調べてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、自分の使っている化粧品が自分の肌に合っていないということが判明するかもしれません。